京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年03月20日

「極秘捜査」キム・ユンソク“埋もれてしまう作品を助ける俳優になりたい”

ゾッとする狂気で観客を凍らせる俳優キム・ユンソク(47)が、少し柔軟で優しくなった父として観客のもとを訪れた。存在感では誰にも負けないキム・ユンソクが力を抜いて素朴な姿で登場すると、少しは違和感もあったが、むしろ新鮮で興味深かった。モアナと伝説の海 DVD無口な慶尚道(キョンサンド)の父の手本を見せたキム・ユンソクの変身が、今回も観客を笑わせ、泣かせる予定だ。

1978年に韓国で大きな話題となった事件でもある、四柱推命を使って誘拐された子供を見つけた刑事と導師の33日間の物語を描いた犯罪映画「極秘捜査 DVD」(監督:クァク・キョンテク、制作:ジェイコンカンパニー)。劇中で子供を探すために信念を貫く極秘捜査を展開する刑事コン・ギリョン役を演じたキム・ユンソク。唯一子供の生存を確信した彼は自身の意見に賛成してくれた法大出身の導師キム・ジュンサン(ユ・ヘジン)と手を組む。

極秘捜査 DVD


忠武路(チュンムロ:韓国映画界の代名詞)でかけがえのない俳優となっているキム・ユンソク。そんな彼とユ・ヘジンが出会ったため、モアナと伝説の海 DVDもう言葉は要らない。キム・ユンソクは自身のフィルモグラフィーにもう一つの名作を刻み込んだ。

「俳優たちが作品を選ぶ基準は全部違います。僕の場合は、キャラクターよりはシナリオをもっと重要に考えます。どんな物語なのかにさらに関心を持ちます。極秘捜査 DVDシナリオに接する時に、時には予算が大きな映画ではないけど、ぜひ作られてほしい作品があるんです。そのような作品は、大体興行力がある俳優が出演しないと、投資が受けられず死蔵される、あるいは無かったことになる場合が多いです。僕はそんな大事な映画が死蔵されないように助ける俳優になりたいです。後でフィルモグラフィーを振り返った時に、恥ずかしい作品はなかったと思えるようにですね。今までもそうでした。悔しくなるほど後悔しそうな作品には出演していません。もちろん、もう少し準備をして、慎重に選んだらよかったと残念に思う作品はありますけど。



同じカテゴリー(映画)の記事
 「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」の感想 (2017-06-22 14:36)
 「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」の感想 (2017-06-16 15:30)
 映画『ラスト・プリンセス 大韓帝国最後の皇女』 (2017-06-15 15:08)
 【映画評】人生タクシー (2017-06-05 14:33)
 映画『釜山行き』の人気『ソウル駅』に引き継がれるか? (2017-05-27 14:59)
 映画『光をくれた人』の気になるあらすじは? (2017-05-19 15:05)

Posted by recodset  at 16:13 │Comments(0)映画

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
recodset